中年プログラマーの息抜き

カシマルです。 最近、新しい土地へ引っ越しをしたのですが、これを機に何か始めたいなと思ってブログをはじめました。気の向くままに更新していきます。

CISCO 841M 設定:その11:プロバイダから払い出されたIPアドレスをメールで受け取る

f:id:tm-b:20170728004131j:plain

はじめに

今回は、PPP接続でプロバイダーから払いだされたIPアドレス (WANのIPアドレス) をメールで受け取れるように設定しました。固定IPサービスやDDNSサービスを利用しなくても、常時でVPNの接続が可能になります。また、固定IPで運用するよりも安全に感じます。

・運用管理ツール:EEM (Embedded Event Manager) + TCLスクリプト
・送信用SMTP:認証=SMTP-AUTH、ポート番号=587

機材

CISCO 841M本体
・KAUMO USB RJ45 シリアルコンソールケーブル
・Win10 ノートPC

SYSLOGの設定

ログレベル「notifications」以下にすれば「LINEPROTO-5-UPDOWN」が出力されます。

TCLスクリプト

保存先を作成して、「flash:tcl/policy/eem-wan-session.tcl」へ配置します。
mkdir flash:tcl
mkdir flash:tcl/policy
event manager directory user policy "flash:/tcl/policy"

EEMイベント

TCLをEEMへ登録するため「event manager policy eem-wan-session.tcl type user」を設定します。

まとめ

今後、機器の再起動、そのほかWAN側IPアドレスが変更されたタイミングで、こんなメールが飛んできます。 

件名:【R1】WAN - New IP Was Set.
本文:Internet address is IPアドレス/32

d(`Д´)b39