中年プログラマーの息抜き

カシマルです。 最近、新しい土地へ引っ越しをしたのですが、これを機に何か始めたいなと思ってブログをはじめました。気の向くままに更新していきます。

送付状テンプレート・WORD・帳票 無料ダウンロード

f:id:tm-b:20160422025945j:plain

はじめに

書類送付などで送付状を同封しますが、送付先ごとで名前や住所や文言なども違いますよね。 このためのドキュメントファイルが、フォルダの中へずらりと並んでしまっているので少し整理します。ということで、今回は、レンタルサーバ上でサンプルを作って、実際に運用していこうと思います。

サンプル・デモ

テキスト個所を編集して「WORD形式でダウンロード」をクリックすると、その状態のテンプレートがダウンロードできます。

デモ用のアカウントにログインできます。「WORD形式でダウンロード」をクリックしたときの送付先の内容が保存できるようになりますので、次からそれを選択してダウンロードできるようにしてみました。
詳細はこちらから試せます~ onestead-xsrvjp.ssl-xserver.jp

テンプレートを追加など・・

Visual Studio で Outlook 用 VSTO アドインを作成してみた

f:id:tm-b:20161229140514p:plain

はじめに

今回は、Visual StudioOutlookVSTO アドインを作成して、添付ファイルを送る手間を軽減してみました。

メールでファイルを添付するときは、まずパスワード付ZIPを作ってそれを添付、パスワードは別メールで送付するというのを、毎回のようにしているのですが、 これをやめたい! そこで、自動化してしまおうと思いどうするか考えたところ、 まあ、ホスティングサービスもあったのですが有料のものが多いみたいですし、今回はVSTOで自作して無料のまま試したいと思います。 

機材

・Windows10
・Visua Studio 2017
・Office 2010 (Outlook2010)

作業内容

Visual Studio でプロジェクトを作成
・Add-inでフックするのは、送信ボタンを押したとき
・パスワード付ZIPは「7-zip.dll」を使う(C:\Windows\SysWOW64\7-zip.dll)
・Add-inのインストールはClickOneで公開してやってみる

C#のソース

送信対象のメールへ添付ファイルが含まれていれば、添付ファイルを適当なフォルダへまとめ、ZIPで固め、新しいメールへ添付して送信、そのあと、パスワードお知らせの新しいメールを書いて送信、最後にオリジナルのメールは削除、大まかには、この三段階を自動で行うように処理してみようと思います。

まとめ

少し動かしてみたところ、まあ楽ですね。いちいちzipで固めたものを準備しなくてよいし、なによりパスワードを間違えないようにとか考えなくてよくなります。

 

【1通目はこんな感じです。】←プログラムで作成&送信

件名:(オリジナルの 件名)

  様

  ・・・

  署名とかも含めてオリジナルの 本文と同じ

  ・・・
(添付ファイルの開封時パスワードは別途お知らせいたします)←プログラムで追記

 

【2通目はこんな感じです。】←プログラムで作成&送信

件名:(オリジナルの 件名)

(メールアドレス) 様
========================================================
先ほどお送りしたファイルのパスワードをお知らせします。
ファイル名 : (ZIPファイルのファイル名) 
パスワード : (ZIPファイルのパスワード)
========================================================

 

【オリジナルのメール】←プログラムで削除

メール丸ごと削除

 

使いながら細かいとこを直していけば、意外と良いかもしれません。 たまに、パスワードのお知らせが、添付ファイルよりも先に届くことがあるので、気になる人は気になるかもしれないなあと・・;;

 

d(`Д´)b39

パワーポイントの目次 - タイトルとページ番号を点線でつなげる

f:id:tm-b:20160422025945j:plain

はじめに

PowerPoint(パワーポイント)のページ番号付きの目次をVBSで作成しましたが、WEBのほうが便利だろうということで、今回は、レンタルサーバ上でサンプルを作ってみました。

サンプル・デモ

パワーポイントをアップロードすると、全てのページタイトルとそのページ番号をまとめたテキストファイルがダウンロードできます。

onestead-xsrvjp.ssl-xserver.jp

これまでソースを中心に載せてきましたが、次回から動くものも公開していこうと思います。

2017.11.6 ファイルサイズのエラーが結構出ていたので、32MBのパワポまでは、処理が行えるように設定しました。(これまでは10MB制限でした;;