中年プログラマーの息抜き

カシマルです。 最近、新しい土地へ引っ越しをしたのですが、これを機に何か始めたいなと思ってブログをはじめました。気の向くままに更新していきます。

フレッツ光+ひかり電話+IPHONEで超便利 ポケット光電話の作り方 - ネットワーク設定 -

実現したいことの続き

拠点Bから拠点AへVPN接続(電話、PC、タブレットなど複数同時接続したい)

tm-b.hatenablog.com

この形でうまくいきました。

IPアドレスは適当です。あしからず)
f:id:tm-b:20160209205202p:plain

・拠点AのPR-500KIからBHR-4RV2を見つけられるように設定する。
f:id:tm-b:20160213143150p:plain

・拠点AのPR-500KIで1723番を開放して、BHR-4RV2へ流れるように設定する。
f:id:tm-b:20160213143204p:plain

・拠点AのPR-500KIで1723番へアクセスできる端末を、拠点Bへ制限する。
f:id:tm-b:20160213143253p:plain

(参考にさせていただきました)
PR-500KI ポート開放設定
詳細設定-IPv4パケットフィルタ設定

・拠点AのPR-500KIでLAN側静的ルーティングエントリを設定
f:id:tm-b:20160213144132p:plain

・拠点AのBHR-4RV2でアドレス変換を無効に設定
f:id:tm-b:20160213144623p:plain

・拠点BのPR-500KIからBHR-4RV2を見つけられるように設定する。
f:id:tm-b:20160213214825p:plain

・拠点BのPR-500KIでLAN側静的ルーティングエントリを設定
f:id:tm-b:20160213214620p:plain

・拠点BのBHR-4RV2でアドレス変換を無効に設定
f:id:tm-b:20160213144623p:plain

・拠点AのBHR-4RV2を拠点、拠点BのBHR-4RV2を支店として設定。
 双方ともにトップページからではなくて詳細設定画面で設定しました。
 http://www.kimitsu.jp/InetInfo/Arekore/IT/BHR-4GRV2/doc/BHR-4GRV2manual.pdf

 最低限の設定はこんな感じで・・

 拠点A
  ・PPTPサーバー機能 : 利用する
  ・PPTP接続ユーザー経路 : 192.168.1.0/24、
  そのほかも良い感じで設定

 拠点B
  ・PPTPクライアント機能 : 利用する
  ・接続先サーバーアドレス : 拠点Aのアドレス
  ・接続先ネットワーク : 192.168.2.0/24、192.168.3.0/24、
  そのほかも良い感じで

ここまでのまとめ

拠点BのBHR-4RV2へWIFIルーターをブリッジしてからそこへIPHONEをつなげました、そのIPHONESIPアプリで拠点AのPR-500KIで設定している光電話が利用できるようになったのでひとまずOK

セキュリティ設定やパスワード変更などの運用面などを考えたりとまだまだですが、テスト的にはうまくいったかな・・ということでご報告・・

Zoiper SIP softphone - for VoIP phone calls with video

Zoiper SIP softphone - for VoIP phone calls with video

  • Securax Ltd.
  • 仕事効率化
  • 無料

 SIPアプリは、Zoiperを利用させていただきました。

こちらの設定はこっちへまとめました。
tm-b.hatenablog.com